読むと役立つ連載コラム

鈴木税理士事務所 税理士 鈴木久美子

はじめまして大阪府堺市の税理士 鈴木久美子です。
会計事務所しか勤務したことのない税理士さんと違って、私は中小企業での経理を経験し、資金繰りの重要性を肌で感じて参りました。
中小企業では、損益(儲け)は理解できても資金との関連性には無頓着な経営者の確率が高く、そのために資金がなくなって倒産する確率も当然ですが高いです。

このコラムでは単に資金繰りのノウハウだけでなく、
経営(事業を継続すること)の視点も合わせて述べて参ります。

資金繰りを制する者は経営も制す  鈴木税理士事務所 税理士 鈴木久美子

第一回 資金繰りがなぜ必要か?

ではまず第一回として、
「そもそも何で資金繰りが必要なの?」の回答から始めます。

  • 1.ビジネスを続けるための原資を常に持っておくため
  • 2.景気の動向や支払条件の変更などによる急激な資金不足に備えるため
  • 3.納税資金を確保するため
  • 4.将来予測される退職金などの多額の資金需要に備えるため

もっとぶっちゃけて言えば、払う必要があるときに資金(現金と預金)があるようにすることです。

これを予測するための元ネタが実は会計データなのです。

会計データの基本的な名称は3種類あります。

  • 1.損益計算書(儲かってまっか?が解ります。)
  • 2.貸借対照表(損益計算書の計算期間の末現在の財産の残高が解ります。今ではないことがミソ。)
  • 3.キャッシュフロー計算書(損益計算書の計算期間の資金の増減の原因が解ります。)

ところが、会計データは常に過去の数字であるために、元ネタとしての有用性はあっても、将来の資金の日毎の動きまでは読めません。
会計事務所に勤務していたころの私は月末残高でしか判断していませんでしたが、実際の資金繰りでは月の途中で資金のマイナスがあってはならないのです。たとえ1日でも。
だから資金の余裕が必要なのです。
「ツカエル経理」を使うと、それが良く解るので、資金繰りに無頓着な経営者でも気付いてくれるというわけです。
「ツカエル経理」で収入と支出という資金の動きを見て、「ツカエル会計」で損益計算書を見ると、資金の流れと会計上の損益とは明らかに違うことが解ります。
資金の余裕が必要だということも解ります。
そのためには利益(儲け)が必要です。利益には税金がかかります。
納税も資金が減りますので、その分だけ資金の余裕が必要です。

ここで皆さんに質問します。
ビジネスを継続するためにどれだけの利益が必要ですか?

この回答を得るために会計データが必要なのです。
私はこれを提供するのが仕事であり、使命だと思っています。

次回は、「第二回 資金の在庫を持ちましょう。」をお送りします。