税理士の声

鈴木会計事務所 鈴木 久美子先生

新しく会計ソフトを導入される顧問先様に「ツカエル会計」や「ツカエル経理」をお勧めいただいている鈴木会計事務所。中小企業での経理事務の経験をお持ちの鈴木先生ならではの視点による、ソフト導入にあたっての流れをお話いただきました。

鈴木会計事務所 鈴木 久美子先生

  • ビズソフト
  • 鈴木先生

導入のスタートはどのように始まるのでしょう。

そうですね。まったくゼロから始める場合…それこそ現金の集計と手書きの帳簿から始めていただいて、ある程度出納帳が作れるようになったところで導入をお勧めする場合もありますし、最初から導入いただく場合もあります。簿記の知識や経理の経験がある場合、ない場合はもちろん、習熟への道のりというのは人それぞれ違いますので文字通りの千差万別です。

人や会社の成長度合いに応じてという感じでしょうか。

そうですね。それこそ、データのバックアップひとつ取ってみても「どうもうまくできなくて」という顧問先様もいらっしゃいますし。ソフトに慣れるまでは訪問の都度、バックアップを取って差し上げるお手伝いをしたりというケースもありますよ。横で教えてもらいながら覚えるのが一番スムーズですからね。

おっしゃるとおりですね。

実際に「計算機能がついていますから電卓を使わなくとも大丈夫」とか、「ライブラリへの登録はこうやって」と操作しながら教えて差し上げますと、「え、こんなこともできるんですか!」とびっくりされる方もいらっしゃいますし。

今までに「パソコンを触ったことがない、簿記の知識もない」と言う顧問先様はいらっしゃいました?

ええ、もちろん。

そのような顧問先様の場合はどういった形で指導なさっておいでなのかをお聞かせ願えますか。

先ほどお話差し上げました通りさまざまなのですが…一般的には、帳簿も出来ていないような場合は、まずは手書きの帳簿からですね。手書きの帳簿が出来るようになりましたら、エクセルを使った集計表を作っていただいています。パソコンを使えば計算が自動でできる、という体験を通して、「ソフトを使えばラクになる」ということを実感していただくのがポイントです。

なるほど。

もっとも、エクセルなどを使った場合、振替と現金引き出しというように両方の項目を入力しなければいけませんでしょう。で、ある程度慣れてきたところでちょっとツカエル会計を使ってお見せするわけです。ひとつ入力すれば相手方へ自動的に反映されるというのを目の当たりにすると、「あ、これはラクですね」と理解していただけるんですね。

皆さん、やはり最初はすごく大変なことのように思われていらっしゃるんでしょうね。

ええ。ところが「やってみたら以外とラクだった」と。たとえば手書きの現金出納帳をパソコンの画面を見ながらツカエル経理に入力していただくとしますね。

はい。

そうしますと、残額がさっと出ますでしょう。「えっ、これで済むんですか?電卓で計算しなくてもいいんですね」と拍子抜けしたようにおっしゃる方も多いんですよ。もっとも、ただ「ラクなだけ」ですと経営者の方々は納得されませんから、前期比較の試算表画面などを呼び出して…ツカエル会計は増減が矢印表示ですぐわかりますでしょう…ご覧に入れますと「ああっ、落ちている!」「おお、上がっている!」と(笑)。

確かに、一目瞭然ですからね。

そうそう、試算表と言えば、「会計事務所が持ってくる試算表」は、自分が考えている「現実のおカネの動き」とは違う、と思っておいでの経営者の方は意外と多いんです。

そうなんですか?

入金された時点が「売上の発生」と考えておいでの経営者の方もいらっしゃいますしね(注)。それに、会計事務所の人が毎月来てくれて、経理担当者と話をして、最後に説明してくれるけれど、社長である自分には何のことやらさっぱりわからない…というケースも少なくないようです。

それでは的確な経営判断は難しいですね。

それを解決するためにはふたつの流れが必要です。まず、経理担当者の方と細かい数字のツメ、つまりきちんと数字を合わせて試算表を作るという作業をします。一方、経営者の方には試算表の見方をお教えするところから始まります。そして試算表を見ながら、なぜこういう数字が出たか、こういう数字が出たけれど、ではこれから先はどうするのか、来月は、その次は、という相談をしてゆくわけですね。経営計画や営業計画がどういう予定になっているのかは経営者の方しか分からないわけですから。

両輪がきちんと回ることで、会社のおカネの動きを理解してコントロールできるようになって行くんですね。ところで、会計ソフトを導入されていらっしゃらない顧問先様の場合はどうでしょうか。

もちろん出来る限りの指導をさせていただいていますよ。ただ、帳簿や帳票類をお預かりして、こちらで整理して…という形を取りますので、どうしても試算表は約1ヶ月遅れでの提出になりますね。

なるほど。

会計ソフトを入れた場合と入れない場合を比較しますと、一番大きな違いは「会社の状況をタイムリーに目の当たりにしていただける」かどうか、という点につきると思います。いずれにしても、普通は毎月10日くらいまでに試算表が欲しいというのが一般的な経営者のニーズです。それが実現できるという点では、会計ソフトの導入は大きなメリットがあると思いますよ。

ありがとうございます。ところで、ツカエル経理を使った資金繰りについてのお話をお伺いできますか。

まず、ツカエル経理を導入しても、「動き出すまでは霧の中」という状態ですね。

とおっしゃいますと?

おカネの流れや動きがしっかりと把握できていませんから、先が見えないだけでなく、実は「今も見えていない」場合が多いんです。それでも、ただ「おカネが足りない」という状況だけはあったりするわけですね。

なるほど。

ところが、ツカエル経理を使い始めて入力をして行きますと、「いつ幾ら出て、いつ幾ら入る」、つまり入金と出金の金額とタイミングがわかるようになります。残高も分かるようになりますので、「足りているのか、いつ足りなくなるのか」が早め早めに見えてくるようになる。曖昧だった部分がはっきりするんです。そうなりますと、皆さんが四苦八苦しておいでの資金繰り…資金調達をどうすればいいのか、いつまでに手当すればいいのか…を検討するチャンスが生まれるんですね。

確かにおっしゃるとおりです。

もちろん、必ずしも資金調達ができる場合ばかりとは限りません。ただそんな場合でも、負債の返済を繰り延べる、ないしは月々の返済額を低減する交渉を行う、などという対処方法を検討しておくことができるようになります。入ってくるお金で負債を支払いつつ、どうやって会社を動かして行くかということですね。

そうした指導も、「おカネの流れが見えてくる」からこそできるんですね。

ええ。経営者としては、良きにつけ悪しきにつけ「現実」を突きつけられますから、いやが上にも直視せざるを得なくなるわけです。キャッシュ・フローがなぜ増えたのか、なぜ減ったのかという理由もストレートに見えますからね。

なるほど。

それに、訪問させていただいた際にパソコンの画面を見ながら、「いつどれだけの売上が必要になるか」という話もできるようになりますから、目標売上の設定をどうするかという相談や指導もしやすくなるんですよ。入出金のタイミングという視点もできて来ますから、たとえば起業したての方にありがちな「これだけの利益率でこれだけ売れればいい」「とにかく売ればいい」という考えなどにも固執しないですむようになりますね。
(注)正しくは請求時が売上の発生となります。

※最初にご購入いただいた際の「基本使用サービス」の無償期間は、6ヶ月間の製品と12ヶ月間の製品があります。

税理士の声TOPに戻る