お客様の声

有限会社バイデザ
平塚 光明様

  • 事業内容:エディトリアルデザイン
    所在地:東京都新宿区四谷
    設立:2003年
    ご利用ソフト:ツカエル経理、ツカエル会計

  • 有限会社バイデザ 代表取締役 平塚 光明様

LSIの設計会社にいた光明さんが心機一転。デザインの世界へ身を転じて修行すること6年、2003年10月に有限会社パイデザを創業。得意分野は装丁をはじめとするエディトリアルデザイン。おもしろ系の出版物に強く、ポップなデザインテイストが特徴。編集はもとより、企画立案までを手がけている。スタッフは平塚さんご夫妻とデザイナー1名、アルバイト2名の5名体制。なお、社名の由来は「ひらつか」の「ひ」を「ひらめき」の「ひ」になぞらえて、「ぴっ!」とひらめくイメージに、デザインの「デザ」を組み合わせたユニークなもの。

有限会社バイデザ 代表取締役 平塚 光明様

  • ビズソフト
  • 平塚光明様
  • 平塚めぐみ様

お使いいただいているソフトはツカエル経理とツカエル会計ですね。

ええ。ふたつ一緒に購入して使い始めました。導入して8ヶ月くらい経ちました。

最初は別のソフトを購入されたそうですね。

ええ。他社ソフトを買って使い始めてみたんですけれど、彼(光明さん)が「こっちのほうがいいよ」ということで返品してビズソフトに切り替えました。

ありがとうございます!

最初はツカエル経理とツカエル会計の違いがよくわからなかったこともありますが、「資金繰りがラクにできる」というのが切り替えた大きな理由です。それと、もうひとつの決め手は画面設計と使い勝手。店頭デモやホームページでソフト画面サンプルを見て、日頃、ぼくらが見慣れているグラフィック系ソフトに近いイメージを受けたんですね。

具体的にはどんなイメージでしょう?

親しみやすいということです。ぱっと見てわかる、とでも言いましょうか。グラフィック系ソフトは直感的に使えるように作られていますが、それと良く似ています。表計算ソフトも会計ソフトもそうなんですが、いままでの紙の帳票をそのままパソコン画面に持ってきたという感じがぬぐい去れないでしょう。経理に慣れている人ならそれでいいのでしょうが、私たちのようにまったくの素人にはとても大きなハードルになります。何をどう見ていいのかわからない。仕事柄、グラフィカルな部分にどうしても目がいくんですが、これはいいな、と思いましたね。

私たち、会計は本当にまったくの素人なんです。仕訳とか、いまだにちょっとよくわからないですしね。ところが、ツカエル経理は仕訳を意識しなくていいでしょう。それと、長年会計ソフトを開発にたずさわったスタッフの方々がいる新しい会社、というのも大きかったですよ。

そうそう。実績のある会計ソフトですから、機能はいいに決まっている。そこから出たビズソフトさんなら「もっといいものを創ろう」という思いや、新しい会社だからこそ出来る実験的な設計や新たな使い勝手をどんどん試していくに違いないと思ったんです。どれだけ機能を持っていても、使いやすくなければ結局は宝の持ち腐れですからね。将来性を含めて切り替えた、ということです。

(うなずいて)確かに、新しいソフト会社のほうが、新しいテクノロジーやツールを使った製品づくりが出来るだろうと言う気持ちもあったわね。

ありがとうございます。お選びいただけた理由が他にもあれば教えていただけますか。

製品価格が安かったことも良かったですが、サポート費用が比較的リーズナブルだったことのポイントが高いですね。一般的にはサポートにはそれほどお金を払いたくないというのが本音としてあると思うんですよ。実際に使ってみないとわかりにくいでしょうが、ウチとしてはこれだけきめ細かくサポートしてくれるならいいぞ、というのが感想です。

確かに、サポートセンターをよくご利用いただいているとお聞きしています。

ええ、最初はID番号を聞かれていた気がするんですけれど、今では電話した瞬間に私だとわかるみたい(笑)。

もっともっとお電話ください。サポートセンターはヘビーユーザー大歓迎ですから(笑)。ところで、以前はオリジナルのソフトをお使いだったとか。

いえ、オリジナルというほどのものではありません。以前おつき合いしていた会計事務所が作ったもので、市販のデータベースソフトに手を加えたものです。それには専用画面が用意されていて「使い方は覚えなくていいんですよ」とは言われていたんですが、結局、仕訳はどうしたらいいの?ということがわからないと使えないんですね。よくわからなくて毎回叱られていました。

それは大変でしたね。

まあ、そんなこんなでいろいろありまして、会計事務所を替えようと思ったのが新しいソフト導入のきっかけでもあったんです。実はいまおつき合いいただいている会計事務所にも、ウチからのリクエストでツカエル経理とツカエル会計を入れていただいたんですよ。

えっ?

まるまる2本分ではなく、セカンドIDを使って割引で導入できました。普通はきっと逆なんでしょうね。会計事務所からの勧めでソフトを導入するというパターンが一般的でしょう?ただ、こんどお願いした税理士さんは考え方が柔軟で、ウチはこれでやりたい、と相談してみたところ、「ウチでも使ったことがありませんから、いっしょに使って見ましょう」ということになりまして。

「これってどう使うの?」という質問を税理士さんからいただいて、私が教えることもたまにありますよ(笑)。文字通りの二人三脚です。

それはすてきな関係ですね。それでは最後に、機能に関するご要望があれば教えてください。

その言葉を待ってました(笑)。請求書の一覧が出せるようにして欲しいんですよ。今は単票で見ていかなくちゃいけないから、けっこう大変なんです。

おまかせください。実は、次のバージョンアップできちんとカバーしています。2007年11月30日に行うメジャーバージョンアップですね。(既にバージョンアップ済み)

メジャー?ということは有償?

ご安心ください。サポート期間内ですので無料です。

それはうれしいな。CD-ROMが送られてくるのかな?

いえ、インターネットにつながっていれば、当日にソフトを立ち上げていただくと、自動的にバージョンアップのご案内が画面に現れるようになっています。あとは指示にしたがって簡単な操作をしていただくだけで、バージョンアップは完了です。

それは便利ねえ。

そういう新しいやり方をこれからもどんどん取り入れていってください。それでこそ、僕らが選んだ甲斐があるというものですよ(笑)