決算 > 家事関連費按分

家事関連費按分

経費を事業分と家事分で按分し、必要経費から家事関連費用を除く仕訳を作成します。

最後に12月31日付けの伝票で家事割合を掛けて按分することで家事関連費を計上するため、経費を入力する時はいったん支払った全額を帳簿に記載しておきます。

【 メモ 】
自宅で仕事をされる方の場合、家賃や電気代や電話代などのプライベート用と業務用が混在しているものがあります。これらを「家事関連費」といいます。
基本的に家事関連費は必要経費としては認められないため、割合を掛けて計算し家事関連費を按分する必要があります。

  1. サイドメニューの[決算]→[家事関連費按分]をクリックします。
  2. 家事関連費按分画面が表示されるので、Enterキーを押します。
  3. [勘定科目]で家事関連費を按分する科目を選択します。
    選択した科目に補助科目が設定されている場合は、[補助科目]が選択できるようになります。科目全体ではなく、補助科目に対して家事関連費を按分する場合は、[補助科目]を指定してください。
  4. [事業割合]を入力します。
    事業割合を入力すると、[家事割合]が自動計算されて表示されます。
  5. 家事関連費を按分する科目が複数あるときは、同様に設定を続けます。
  6. 設定が終わったら内容を確認し、画面右上の[仕訳作成]ボタンをクリックします。
  7. 確認のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。
  8. 仕訳作成完了のメッセージが表示されるので、[はい]または[いいえ]ボタンをクリックします。
    [はい]ボタンをクリックすると、登録した振替伝票が表示されます。

家事関連費仕訳の帳簿での取り扱い

家事関連費按分画面から作成した仕訳は、帳簿では仕訳の作成元に[家事]と表示されます。

ただし、作成元が[家事]の仕訳を取り込んだ場合は振替伝票として扱われます。